9/18/2014

さよなら李香蘭




李香蘭こと山口淑子さんが先日亡くなった。



日本の満州進出時代、日本国経営の映画会社、満映で中国人女優、李香蘭として活躍した看板女優。

しかし彼女は生まれこそ満州だったけれど両親は日本人で山口淑子という名で戸籍もあるれっきとした日本人だった。

でも活躍当初はそれを公にはしていなかった。



終戦後、親日家である漢奸(漢民族の裏切者・背叛者)の多くは死刑となったが、李香蘭は日本人であると証明されたため無罪となり処刑は免れた。

その後、日本へ帰国し、政治家として長年活躍。



10代の頃の私は、ラストエンペラーという映画の熱烈なファンだったため、同じ時代背景で満州建国の激動の時代を李香蘭と山口淑子という名前も国籍も違うキャラクターをもって生き抜いた彼女の人生にただならぬ興味と憧れをもっていた。



もちろん、当時では珍しい凹凸のある顔立ちと大きな目が印象的なエキゾニックな容姿に憧れをもったというのもあるけれど。









戦争は良くないと思う。



幸せな家族や恋人を「戦争」という魔物が引き裂いてしまう。



すべての人を意味もなく不幸にしてしまう。







でも一方で、戦争が終わった先の未来に希望を見いだし、それを糧に生きている人も多かっただろう。

そして、戦時中だからこそ味わえた小さな幸せもあっただろう。

戦時中だからこそ成功をおさめた人もいただろう。



李香蘭はそんな人間の「希望」や「夢」やひとときの「やすらぎ」を与えてくた存在だった気がする。



本人は20代そこそこの右も左もまだまだわからないあまちゃんだったのだろうけど。


事実、最後まで後悔するものの後世に渡って中国人に大非難される「支那の夜」という映画で中国人には屈辱的なヒロインを演じてしまった程だから。



山口淑子さんは94歳まで生き抜いた。



彼女の長い人生で李香蘭でいた時代は20数年。



半分どころか1/3でもないのではないだろうか。





それでも彼女の人生の中で最も輝いていた時代だったに違いない。